• 商品情報
  • 適応検索/品番一覧
  • よくある質問
  • お問い合わせ

イグニッションコイルの役割

スパークプラグを使用した内燃機関において、圧縮行程にある燃焼室内で放電させるためには、20,000〜35,000Vもの高電圧が必要になります。イグニッションコイルは、12Vのバッテリー電圧をスパークプラグの放電に必要な高電圧に変換する、変圧器の一種です。イグニッションコイルは、基本的に1次コイル、2次コイル、コアで構成され、それら部品間の絶縁を確保するためのエポキシ樹脂がケースに充填されています。

  • 1次コイル:約0.3〜0.6mmの電線を約100〜200回巻いたもの
  • 2次コイル:約0.03〜0.06mmの細い電線を約10,000〜20,000回巻いたもの
  • コア(鉄心):鉄系の金属で、1次コイル、2次コイルが巻きつけられる軸となるもの
イグニッションコイルの役割  

※コイル:電子部品のひとつで、電線を巻いたものです。コイルに電流を流すとコイルは磁気(磁束)を発生させます。コア(鉄心)を軸にコイルを巻きつけ、電流を流すとコア(鉄心)は電磁石となり鉄などの物体を引き付けます。

 
ページトップ