• 商品情報
  • 適応検索/品番一覧
  • よくある質問
  • お問い合わせ

コイル取り扱い注意事項

  1. 点検・交換は必ずエンジンを止めてから行ってください。
  2. プラグホール周りにオイル等の付着・漏れがないか確認をお願いします。オイル付着・漏れにより故障の要因になります。
  3. 各自動車メーカーのサービスマニュアルに従い、点検・交換を行ってください。
  4. コネクタ接続は慎重にお願いします。コネクタ部分を破損させてしまうと導通不良等の要因になります。
  5. 落下させたり、衝撃を与えると亀裂や内部部品が破損する恐れがありますので、使用しないでください。
  6. 本書に記載されている正しい品番のイグニッションコイルをお使いください。
  7. 本書のイグニッションコイルを本来の目的以外には、使用しないでください。
  8. 保管する場合、高温多湿を避けてください。
  9. エンジンチェックランプが点灯したときは、イグニッションコイル交換前(または交換後)に、サービスマニュアル等に従い、必ずダイアグ(自己診断/OBD)のエラーコードを消去(リセット)してください。
    エラーコードの消去を行わないと、エンジンチェックランプが消灯しない等のトラブルに繋がる可能性があります。
 

エラーコード消去作業手順の一例

 
エラーコード消去作業手順の一例
診断機での
エラーコード
一覧
イグニッションコイル異常項目 Pコード
ランダム/複数 シリンダーのミスファイアを検知 P300
シリンダー1〜12のミスファイアを検知 P0301、P0302、P0303、
P0304、P0305、P0306
P0307、P0308、P0309、
P0310、P0311、P0312
イグニッション/ディストリビューター・エンジン回転数入力回路の異常 P0320
イグニッション/ディストリビューター・エンジン回転数入力回路の範囲/機能不良 P0321
イグニッション/ディストリビューター・エンジン回転数入力回路の信号がない P0322
イグニッション/ディストリビューター・エンジン回転数入力回路の信号が断続的 P0323
イグニッション・コイル一次側/二次側回路の異常 P0350
イグニッション・コイルA〜L 一次側/二次側回路の異常 P0351、P0352、P0353、
P0354、P0355、P0356
P0357、P0358、P0359、
P0360、P0361、P0362

※上記は、一例です。詳しくは故障診断機のマニュアルに従ってください。

ページトップ