• 商品情報
  • 適応検索/品番一覧
  • よくある質問
  • お問い合わせ
エンジン燃焼動画

火花ギャップ間でスパークし、混合気が燃焼するまでの課程は、次の4段階に分かれます。

第1段階 火花ギャップ間でのスパーク

第2段階 火炎核(火種)の生成

第3段階 火炎核の成長

第4段階 混合気への着火・燃焼

(1)放電性能(第1段階)

プラグに着火(飛火)する際の性能のことを放電性能といいます。
低く安定した放電電圧(要求電圧)は、安定した燃焼が得られます。
また、コイルの負担も軽く、プラグの寿命も長くなります。

放電性能を向上させるため、NGKでは次のようなプラグを提供しています。

中心電極を細くした「イリジウムプラグ」 >>参照

中心電極を細くし、先端および外側電極に白金合金を使用した「白金プラグ」 >>参照

(2)着火性能(第2〜第4段階)

プラグの着火性能とはスパークにより混合気に点火、燃焼させる能力のことをいいます。 この課程の第3段階において、プラグ電極(中心・外側)の消炎作用(電極が火炎核のエネルギーを奪う作用)により、火炎核が消滅してしまい、着火に失敗することがあります。この消炎作用をできるだけ小さくして、火炎核を大きく成長させることが、着火性能の向上につながります。

着火性を工場させるために、NGKプラグでは次のようなプラグを提供しています。

中心電極を細くした「イリジウムプラグ」 >>参照

中心電極に90゜のV溝を設けた「グリーンプラグ」 >>参照

火花ギャップ寸法を広くした「ワイドギャッププラグ」 >>参照

発火位置を燃焼室の中心部に近づけた「突き出しプラグ」 >>参照

熱価

プラグは燃焼ガスで受けた熱を逃す必要があり、この熱を逃す度合いのことをプラグの熱価といいます。

熱価は数字で表わされます。
数字小 BKR5E-11 焼け方(低速用)
数字大 BKR7E-11 冷え方(高速用)

燃焼ガスにさらされる面積が大きい
熱が逃げにくい
燃焼ガスにさらされる面積が小さい
熱が逃げやすい
発火部が焼けやすい 発火部が焼けにくい

エンジンに合った熱価のプラグを使うことが大切です。
熱価が合わないと、こんなことが…。

▼熱価が高すぎる
プラグ温度が低くなりすぎ、発火部にカーボンがたまって電気が逃げ、火花が飛ばなくなります。

▼熱価が低すぎる
プラグ温度が上がりすぎ、異常燃焼(プレイグニッション)を誘発し、プラグの電極溶解、さらにはピストンの焼き付き等を招く原因となります。