プラグの基礎知識Q&A

Qプラグの着火性能とは、どのようなことですか?

Aスパークによって混合気に点火、燃焼させる能力のことをいいます。

電極間でスパークし、混合気が燃焼するまでの過程は、次の4段階に分かれます。

第1段階

電極間(火花ギャップ)
でのスパーク

第2段階

火炎核(火種)
の生成

第3段階

火炎核の成長

第4段階

燃焼拡大
(着火成功)

この過程の第3段階において、プラグ電極(中心・外側)の消炎作用(電極が火炎核のエネルギーを奪う作用)により、火炎核が消滅してしまい、着火に失敗することがあります。
この消炎作用をできるだけ小さくして、火炎核を大きく成長させることが、着火性能の向上につながります。

着火性を向上させるために、NGKスパークプラグでは次のようなプラグを提供しています。

■電極を細くした「高着火性能プラグ」

■火花ギャップ寸法を広くした「ワイドギャッププラグ」

■発火位置を燃焼室の中心部に近づけた「発火部突き出しプラグ」

プラグの基礎知識 最適なスーパープラグの選び方(スーパープラグインラインアップ) 注意事項
整備業関連の方へ